鍵屋の歴史

鍵屋の歴史(1階)

 江戸時代の枚方は、京街道(東海道延長部)の宿場町、また淀川舟運の中継港として発展し、街道筋には多くの宿屋や煮売屋が建ち並んでいました。鍵屋も街道筋の宿屋のひとつで、幕末ごろには淀川三十石船の船待ちの宿として賑わい、明治以降は枚方きっての高級料理旅館として、饗応の場所として利用されていました。
 鍵屋では創業を天正年間と伝えていましたが、文献史料の上で「鍵屋」の名前が確認されるのは、安永2年(1773)の古文書が最初です。この古文書での鍵屋は「餅屋」ですが、文政年間には「商人宿」、幕末ごろになると「旅籠」へと成長します。その後、平成9年に廃業するまで、料理旅館として営業を続けていました。
 この展示室では、上記古文書(複製)や近代の鍵屋を偲ばせる資料(蒸気船請求書や淀川遊覧船案内など)、鍵屋旧蔵の品を展示しています。