淀川の舟運

淀川の舟運(1階)

 淀川は京都と大阪(大坂)を結ぶ重要な交通路でもあり、大小の貨物船や乗合船が往来しました。大量の物資や旅客を運ぶには、陸路より水上輸送のほうが、安価で容易だったのです。鉄道や道路交通の発達する明治以降、淀川舟運は衰退していきます。枚方は船番所や浜問屋が置かれるなど、淀川舟運の中継港としても賑わっていました。
 この展示室では淀川交通についてパネル解説しています。また、淀川三十石船や煮売茶船に関係する絵画資料や古文書(複製)などを展示しています。