トオリニワ

トオリニワ(主屋)

 表口から裏口まで通り抜けられるようになっている長い土間。町家建築の特徴のひとつ。鍵屋の表口は京街道の往還筋に面し、裏口は淀川船着場へ抜けられる中庭と木戸に通じていました。三十石船の利用者は、このトオリニワを通って船着場へ、あるいは京街道へ抜けていたのです。